cotonohaアプリ版はこちらから

結局、コンプレックスだらけなわけで。


誰かを好きになると、その相手に好かれる自分になろうとしてしまうのが辛く、疲れてしまう。

誰かの顔色を窺うのが日課だった幼少期。それが心と頭に染みついていて、目の前の相手が求めていることを察する、無駄な能力が発達している。「これしてほしそうだな」「こうしたらもっと想ってくれそうだな」――そんな打算的な気持ちを恋心に込めている。その自分が滑稽で、どれだけ愛されたいんだよと笑えてくる。

どんな私なら受け止めてくれるんだろう。そう思う時点で、苦しい。自分という物体の形が分からなくなる。好かれたいがゆえに張りつくだけの笑顔は醜い。こんなにも、誰かの傍にいることが苦しいのにひとりでは生きていけない脆さや弱さを持っていることが、なによりも一番苦しい。いっそ、「おひとりさまを満喫する」くらいの覚悟が持てたら、幾分かは楽になれる。その勇気と決意を持つには、まだ自分は弱すぎる。

「全部を好き」だと言ってほしい。けれど、そういわれたところで、私の全部など知らないくせに、と腹が立つ。あんなに甘く、心地よく響いていた「好きだよ」が軽く聴こえるようになって、心配させることで愛を量りたくなる。悲しませたくないなんて思ったことはない。私のことを想って、心配して、不安になって、とことん悲しめばいいのにと思う。

依存と恋。その境界線はどこにあるのだろう。「好きだから一緒にいる」と「一緒にいたいから好き」が違うように、依存と恋はおそらく全く別のものなのだろう。けれど、境目が分からず、いつもその間をふらふらと漂う。自分の着くあても分からず、ただ漂っている。

いっそ、依存でも恋でもいいから溺れてしまえば楽なのに、自力で泳ぎ切ろうとする自分がいるから余計に厄介だ。大切にされるに値しない私。恋も依存も愛も家族も、どんな形が正しくてきれいなのか分からない。

自信がないので、真正面から顔を見ないでほしい。コンプレックスだらけの私という塊を見ないでほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。