cotonohaアプリ版はこちらから

僕は生きるのが楽しくないけど

生きることって、そんなに楽しいかい。

反吐が出るほど苦しい世の中で、僕は喘ぐように息をする。
朝を迎えるだけで辛く、夜を終えるだけで苦しい。
やってくる明日に絶望し、過ぎ去る昨日に後悔する。

生きることは、しんどい。

それでも、心臓は脈を打つ。
それでも、肺は酸素を取り込む。
それでも、血は身体中を巡る。

当たり前のように、世界は回る。
僕は、気づいてしまった。

僕の人生は、僕だけの世界で成り立っているということに。

僕の命が欠けたからといって、世界が終わるわけではない。
僕の存在が消えたからといって、世界が変わるわけではない。

僕だけが、世界の中心で生きているように見える。
だけど、そんなことはない。

僕が死んだところで、天変地異は起こらない。

生きることを楽しまなくても、世界は変わらない。
生きることに前を向かなくても、世界は終わらない。

僕が生きることを終えようとするとき、本当は生きていないのかもしれない。
僕が生きることを諦めようとするとき、本当は生きていないのかもしれない。
世界は僕だけのものだと勘違いして、思い通りにならないと頭を抱えている。

僕は、世界の主人公じゃない。
僕が見ている世界は、たかだか僕の人生を映すだけだ。

「自分が世界の主人公だ」と思っているうちは、昇る朝日を蔑む。
「自分が世界の中心だ」と思っているうちは、沈む月を戒める。

生きることは、しんどい。

だからもう、頑張らなくていい。一生懸命にならなくていい。
気を張らなくても、努力をしなくても、地球と月は公転する。
僕がいても、僕がいなくても、今日は明日の昨日で、今日は昨日の明日だ。

訪れる明日に微笑んで、流れゆく昨日に手を振ろう。
僕だけの世界を俯瞰しながら、僕だけの世界にいよう。
僕が歩かなくても、世界は回る。

生きることって、そんなに楽しくないかい。

僕は僕の視点から、世界を見つめてみるからさ。
もしもこの記事を読んだあなたが、世界に裏切られていたとしたら。
僕と一緒に、世界に「いる」だけでいいと思うんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。