cotonohaアプリ版はこちらから

辛いのだと、満たされないのだと、叫ぼう。叫ぼうよ。

こんにちは。cotonohaです。
今回は、漠然と生きづらさを感じているというnanaさんが気持ちを届けてくださいました。
実践していることを含めて、心との向き合い方をお伝えしていきたいと思います。

はじめまして。 何度かこのサイトを閲覧させて頂いています。

 

正直何から書けば良いのかもよくわかっていません。 考えを整理するのが最近とても難しいので、とっちらかっていると思います。 すみません。 ずっと、漠然と生きづらさを感じています。 何が辛いのか、何が苦しいのか、生きていて悩みが尽きたことがありません。

 

今は何をしていても満たされないことに苦痛を感じているんだと思います。 毎日やりたい仕事をやって、それなりに認められていて、ずっと出たいと思っていた実家から出ることが出来て最近一人暮らしも始めています。 自分の好きなもので部屋を作って、食べたいものを食べて毎日が充実しているように見えるのに、毎日どこか物足りなくて、寂しいと思っています。 漠然と生きている中で過去のことを思い出しては泣いて喚いて一人で眠って、摂食障害を持っているので日々当たり前にこなさなきゃいけないことが出来ずに自分を責めます。

 

だけど過去もっともっと辛かったことはたくさんあったんです。 義父に虐待のようなものを受けていた頃、高校の同級生にいじめをされていた頃、専門学校についていけずに辞めた頃、両親の離婚後小さな妹たちとの接し方で悩んでいた頃、バイト先の人と折り合いが合わずにストレスで寝込んだ頃、どれも今の私よりずっとずっと辛いと思っていたはずなんです。 なのでそのどれもから開放された今の私は生きやすいはずなんです。

 

自殺未遂をしたこともあります。今でもぼんやりとした希死念慮はあります。 だけど「私は何がそんなに辛いの?」「嫌なこと全てから逃げているのに」と思います。恵まれた環境にいるはずなのに悲しいふりをして、症状だって軽くて病気とも呼べないような人間なのに弱い素振りをして誰かから同情でもして欲しいんじゃないか、と自分をいつも責めています。 趣味だってそこそこあるはずなんです。いろんなことを楽しめているはずなんです。 友達もいて今の職場の人間関係も良好で、家族ともいい関係が築けている。

 

だけど今漠然と辛いなと思ったときに「辛い」と言える人はいません。 この、常に移り変わっていて自分でもよくわかっていない感情を人様に押し付けて悲しい顔をされたくありません。 何から話せば良いのかもよくわかりませんし、過去のことなんて話しても楽しんではもらえません。それならもっと楽しい話がしたいです。 でも話したいと思っている自分も否定はできないんです。誰かに辛かったね、よしよしってされたいんだろうなと思っています。 今年24歳になりましたが、この歳でそんな幼稚なことを思っているのかということにもなんとなく恥を感じていて、誰にも言えません。

 

最初生きづらいと書きましたが、今後自分がどうしたいのかもよく分かってはいないんです。「幸せになりたい」といつもふわっと思っていても、何をどうした状態が幸せなのかも分かっていません。

 

本当にまとまりがなくてごめんなさい。過去病院にも通っていたことがありましたが今はもう行っていません。行けません。 なので誰かに今の自分の状態を話してみたいなと思っていたんです。 なぐり書きで申し訳ないです。自分の気持ちを書き込める場所を作っていただいてありがとうございました。

A.今も「辛い」と叫んでも良いのではないでしょうか。

ご連絡が遅れてしまい、申し訳ありません。
cotonohaの担当者です。この度は相談して頂き、ありがとうございます。
僕もnanaさんと同じ、今年24歳の者です。
生きづらさを感じながら生きてきました。今でも僕も希死念慮を持っています。

それでもなお、生き続けてしまうのは、もしかしたらこの世界は中毒性のある世界なのかもしれませんね。一人暮らしとのことですが、体調管理は出来ていますか?

食べたいものを食べられているとのことなので、食欲は大丈夫でしょうか。

まずは、自分をゆっくりを癒す方向で考えていくのはいかがでしょうか。お風呂に入る、アロマを焚いてみる、本を読む(図書館に行く)、映画を見る…過去のことを思い出すのはとても辛いことだと思います。まさしく今の僕もその壁(過去を思い出すこと)にぶち当たって、思い出しては泣き叫びそうになるのを堪えて生きています。
僕はひたすら夢中になるものを探してこの夏はゲーセンに通っています。

「過去と今を比べて生きやすくなっているのだから」と強く思い込むのは止めても良いのではないでしょうか。確かに過去と今では状況が違うとは思いますが、今も生きづらさを抱えているのは同じです。苦しみを比較しなくて良いのだと思います。今も「辛い」と叫んでも良いのではないでしょうか。

もし、気が向いたら、病院に行くことも選択肢に挙げて良いと思っています。
「なんとなくしんどい」というだけでも、通院をして大丈夫だと思います。楽になるお薬をもらえたり、カウンセリングを受けることも出来るかもしれません。
ちなみに僕は周期的にうつ状態が来るので通院をしながら、経過観察をしています。こんな風に、自分と上手く付き合うためにゆっくりとしたペースで通院をするということも出来ます
少しでも、nanaさんのお役に立てたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。